アシナガバチ駆除でストレスから開放|侮っていると刺されます

駆除作業の流れ

男性作業員

ハチのなかでも大きな被害を出しているのがスズメバチです。一般的によく見かけるスズメバチというのはキイロスズメバチのことで、その名の通り全体的に黄色が目立つ見た目になっています。キイロスズメバチの活動が最も盛んになるのが8月以降で、この頃には巣がほとんど完成して働き蜂の数も多くなっているのです。キイロスズメバチはとても攻撃的で、警戒範囲と呼ばれる数メートルから10メートル前後を越えて巣に近づいたら集団で人を襲います。キイロスズメバチの巣は丸いボール型になっていて薄い茶色のマーブル模様が重なり合っています。こういったハチの巣を見つけたらとても危険なのですぐにその場を離れて駆除業者を呼びましょう。キイロスズメバチを自分で駆除できないかという人もいますが、毒性が強く攻撃的なハチなのでなるべく専門の業者に駆除をしてもらうようにしましょう。キイロスズメバチの巣を駆除する場合はハチが眠りにつく夕方から夜、そして早朝が狙い目です。その時間帯ならハチが鈍くなっているので駆除しやすいでしょう。駆除するときはまずスプレーを噴きかけながらボール状の巣を落とします。落とす前にビニールを敷いたカゴを下に置いておくと便利です。落としている間もキイロスズメバチが巣から出てくるのでスプレーが必要です。落ちた巣をビニールに入れてその中にスプレーを噴射し、スプレーが巣の中に入るように巣を叩き割ります。こういった手順で駆除業者がキイロスズメバチの巣を撤去してくれるでしょう。作業中はハチがあちこちに飛び回り攻撃をするので近寄らないようにしましょう。