工事内容を知る

「電波計測器」について知る

アンテナ工事をするにあたって、まずは一番重要なアンテナを設置する場所を検討していきましょう。
アンテナというと屋根の上の一番高い場所にあるというイメージがありますが、高い場所が良いというわけではありません。家の敷地内の中で、電波を一番受信する場所に設置するのが望ましいと言われています。それを調べるものが「電波計測器」という機器になります。工事をするにあたってアンテナの位置は非常に重要ですので、電波計測器を使っていない業者でしたら、「電波計測器で測ってみてください。」と確認と利用を促すべきです。電波計測器という機器名を知っているだけで、この家にはインチキな工事はできないと業者に顧みさせることにつながります。

アンテナ線や土台について

まずはアンテナと、テレビをつなぐアンテナ線について知りましょう。アンテナ工事を始める前に、まずは周囲の家のアンテナ線を確認するところから始めましょう。
アンテナ線がしっかりと固定されている家とアンテナ線がたるんでいる家があることに気づくことでしょう。アンテナとアンテナ線がしっかりと固定されていないと、見た目も悪いことに加えて、強風によって線が抜けてしまう危険性があります。
アンテナ線がたるんでいるのは実際のところ手抜き工事なのですが、テレビを見る事が出来るので、手抜き工事と気づいていない住民が多いのが現実です。台風の際にもはずれないように、しっかりとアンテナ線を固定してもらうべきです。アンテナ線のたるみについて確認することも大きなポイントのひとつといえるでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る