アシナガバチ駆除でストレスから開放|侮っていると刺されます

天井裏に住み着く

一軒家

動物園で飼育されている可愛い顔のイタチを見たことのある人もいるでしょう。しかし、そんなイタチも野生になると凶暴で人に害をなすような害獣になってしまうことがあるのです。日本で害を出しているイタチには大きく分けて2種類のものがいます。日本に古くからいたニホンイタチと外来種のチョウセンイタチです。外来種のチョウセンイタチは毛皮の養殖のためや蛇の天敵として人の手によって日本に入ってきました。それが野生化して増え続け、ニホンイタチの住処を奪ったり民家の天井裏に住み着くようになったりしたのです。イタチが天井裏に住みついてしまうとそこにある断熱材を利用して巣を作ります。イタチは夜行性なので夜活発に活動するようになるでしょう。また、繁殖したら子どもが天井裏をドタバタと駆けまわるようになり、その騒音でイタチが住みついていたと気付くようになります。イタチの被害は騒音だけではなく、外からノミやダニを連れてくることもあるでしょう。さらに、糞や尿を天井裏に撒き散らすので悪臭が漂うようになってしまいます。そんなイタチの被害にあったらすぐにイタチ駆除業者へ連絡をしましょう。イタチ駆除は鳥獣保護法という法律によって素人が勝手に捕獲できないようになっているのです。イタチ駆除を行なうためには申請や手続き、時期など細かい決まり事があるので、それらを熟知しているプロの頼むようにしましょう。また、学習能力も高いので失敗すると捕まえにくくなってしまいます。しっかりイタチ駆除を行なって、再度侵入されないようにするためにもプロの手を借りましょう。