アシナガバチ駆除でストレスから開放|侮っていると刺されます

駆除作業の流れ

男性作業員

日本で一番被害を出しているのがキイロスズメバチという種類です。とても攻撃的で集団で人を襲うこともあるのです。そんなキイロスズメバチを駆除するときは専門の業者に頼むようにしましょう。

もっと知ろう

学習能力が高い害獣

男女

ネズミが家に住み着くと食べ物を食い荒らしたり、電気コードをかじったり、糞を撒き散らしたりします。そんなネズミは学習能力が高いのでネズミ駆除業者に頼んで一匹残らず駆除しましょう。

もっと知ろう

強い帰省本能がある

ハチ

春や夏は草花だけでなく虫の活動も活発になります。なかでも、毎年夏場に被害を出しているのがスズメバチやアシナガバチ、ミツバチなどのハチです。ハチは春にから夏の頭に巣を作り始め、夏の終わり頃にそれを完成させるのです。昔のように森や林に巣を作っているだけなら被害もでないのですが、最近は民家の近くや軒下、ベランダの辺りなど人が住んでいるすぐ近くに巣を作ることも多くなりました。ハチの巣を見つけたときはその形状から種類を判断することができます。例えば、シャワーのように下から穴を覗くことができる半円状の巣を作るのがアシナガバチです。アシナガバチ駆除を行なうときには1つ注意しなくてはいけないことがあるのです。それは、一匹残さずに駆除をするということです。なぜ一匹も残さずにアシナガバチ駆除を行なうのかというと、アシナガバチには強い帰省本能があるからです。帰省本能というのは生まれた場所や元居た場所に帰ってくるというもので、サケや鳩もこの本能が強いといいます。アシナガバチにもこの帰省本能があり、数匹取り逃がした状態で巣を撤去した場合、残った数匹のアシナガバチが同じ場所やその付近にまた巣を作ろうと集まってきてしまうのです。このハチは基本的に大人しくこちらから攻撃しない限り襲ってくることはほとんどありません。そのため、簡単にアシナガバチ駆除ができると考えている人が多いのです。けれど、取り残して再度巣を作られてしまう可能性もあるので、アシナガバチ駆除はなるべく業者へお願いするようにしましょう。侮っていると刺されます。

天井裏に住み着く

一軒家

イタチは可愛い顔をしていますが、野生のものが家に住み着くと家や人に悪い影響を及ぼします。もし、イタチ駆除をするのであれば、鳥獣保護法を熟知している専門家にお願いするといいでしょう。

もっと知ろう